遊び方

敵の動きを見極めて2種類の必殺技を選択、 リアルタイムに繰り出して戦うアクションゲームです。 敵が飛び込んできたら昇竜、隙があれば波動を打ち込もう!


相手は極悪モンスターなので一撃でも食らうとゲームオーバーです。 ゲームオーバーになるとそれまで倒したモンスターの賞金の 三分の一が入手できます。
コンティニューを選ぶとそのまま継続できます。 (3回コンティニューで広告表示があります)

規定の敵の数を倒すとゲームクリアとなり、 全てのモンスターの賞金が入手できます。 さらに動画視聴で賞金を2倍にすることができます。

ゲームクリアになるとゲームレベルと倒す必要のある 規定数が上がっていきます。ゲームレベル上昇により、 より強力なモンスターが登場します。

★操作方法★


ポーズボタン:ゲームを一時停止します。 停止中は再生ボタンで再開します。 亀波動ボタン(右側):亀波動(ショット)を打ちます。 昇竜打ボタン(左側):昇竜打(対空アッパー)を打ちます。

★コンボシステム★


敵に攻撃を3回連続で当てるとコンボゲージがMAXになり どんな敵も1撃で倒せる超必殺技を打ちます。

攻撃を1回でも外すとコンボゲージはリセットされます。

波動拳ボタン(右側):超かめはめ波動
昇竜拳ボタン(左側):真・昇竜打

★技の強化★


敵を倒した賞金により、2種類の技を強化できます。 通常時の攻撃力が上がっていきます。

亀波動(ショット)はどんどん大きくなり、ヒット範囲が広がります。

昇竜打(対空アッパー)はレベルが31を超えると高速になり、隙がなくなります。
高レベルの敵の反撃に有効です。

★攻略ポイント★


・敵の動きを見極めよう!
・同じ見た目でも体力や動きが違うことも!
・ゲームレベルが上がると敵がショットを避けたり、反撃してくるぞ!
・反撃に対応できるように技の強化や常にゲージを貯めるようにしよう!
・波動系は隙ができやすいので過信は禁物!
・隙の少ない昇竜系を優先して強化しよう!

VTuber機能


オリジナルの女の子キャラクターを使用して iPhoneだけでゲームのプレイ動画や雑談動画が作れる機能です。

VTuberを使用しない状態でもゲーム実況動画が作成できます。


■録画ボタン:画面の録画を開始します。 画面の収録、マイクの収録の許可ダイアログが出ますので 状況に合わせて許可してください。

■停止ボタン:画面の録画を終了します。
録画終了後は動画のプレビューと保存ができる画面が開きます。 Saveを選ぶと端末のフォトライブラリに動画が保存されます。 Cancelを選ぶと動画は破棄されます。後から復活はできません。 再生ボタンを押すとその場で再生して確認できます。

※Android版にはVTuber機能はありません


<ご注意事項!>
作成した動画はiPhone端末に保存して確認できますので、事前に確認し SNSやYoutube等共有サイトへのアップロードはご自身の責任において行なってください。

アップロードの前に公開する動画に不適切な音声、個人情報などが含まれていないかご確認ください。 動画の内容について動画作成者、公開者が一切の責任を負うものとし、 当方は一切責任を負いません。

本アプリで収録した動画、音楽については著作権は放棄致しませんが 自由に公開していただいて問題ありません。
但し、音楽のみを素材として利用する行為は禁止致します。

プレイ動画


本アプリに搭載の録画機能を使用した
VTuberキャラクターのプレイ動画(Youtube)です。


オマージュ作品について


このゲームは元のゲームをご存知の方はすぐお分かりの通り、 「ストリートファイターⅡ」(RYU)のオマージュ作品です。

元々25年以上前にアーケードゲームの 「ストリートファイターⅡ」にはまっていた頃に描いた 拙いドット絵が元になっています。

当時からゲーセンでRYUを使っていた作者は
ゲームが作れるパソコン「X68000」を入手して ドット絵を作っていました。

「好きなゲームのキャラクターを自分なりに ドット絵にしてゲームまで作れたら楽しそう。」

そんな考えからX68000でゲームを作り始め、 本作と同名タイトルで同人ソフトを作りました。

同人ソフト「DEATH FIGHTER」
(1992年)


スマートフォンで簡単に必殺技が出せてRYUがモンスターを 倒しまくるゲームをやってみたい、コマンド入力が苦手な人にも 波動拳や昇竜拳を使い分けて戦う楽しさを伝えたい、
そんな思いで作りました。

なので元の作品から何かをパクる意図は一切なく、 当然ながら素材のトレースや流用も一切しておりません。
全て自主制作の素材データ(全てオリジナル制作物)を使用しております。

20年以上前に作った拙いドット絵を あえてそのまま使用しているのもその意図があってのものです。

こういった内容のものを作ると、すぐに著作権的にダメとかパクリとか 言ってくる人がいますが、原作へのリスペクトや愛があればこそ制作したもので それは当時の制作した同人ソフトも今回の本作も変わらないと考えております。

ご理解頂けない方はそっと閉じてアプリを削除して頂ければと思います。 もちろん、原作者からのクレームなどあればすぐに削除いたしますが、 作者は「ストリートファイター」シリーズのファンとして、 リスペクトを込めて制作したことを明記しておきます。

作者はストⅣでランクC-Dをうろうろしてるレベルのプレイヤーですが、 RYUが好きでずっと使っています。 今回のゲームはほぼ自分用に作ったようなものですが、楽しんで頂ければ幸いです。

制作スタッフ


企画・開発:ofuji
ドット絵制作:ofuji / (CreatorsPrime提供素材)
ゲーム音楽制作;Thima様(CreatorsPrime提供素材)
効果音制作:ofuji
サイト制作:ofuji


<VTuber機能関連>
キャラクターイラスト:
(CreatorsPrime提供素材)

キャラクターボイス協力:
かっぱ娘: 野崎雨汰様


 野崎雨汰様サイト「甘雨」

他のゲーム